金時山登山

このページを共有する
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

 

ゴールデンウィークの初日に当登山サークルで神奈川の金時山登山に来ました。今日のルートはメジャーな金時神社からのルートではなく、地蔵堂から、金時山を目指すルートにしました。

このルートには、金太郎の生家や夕日の滝があり、イベント性の高いルートです。ところで、金太郎が足柄出身とは知りませんでした。

メンバーとは、新松田駅に集合し、箱根登山バスで、地蔵堂に向かいます。このルートはマイナーなルートなので、乗客は少ないかと思ったのですが、バスは満員でした。

地蔵堂に到着しました。キャンプ客と登山客で一杯です。早速、金太郎の生家に向かいます。

最後に登山動画もありますので、是非ご覧下さい。

 

金太郎が遊んだと言われている兜岩です。横には、金太郎らしき焼き物がありました。

 

その後、夕日の滝を見に行きました。

 

林の中の登山道を登ります。

 

途中、沢を渡ります。

 

沢から、尾根に出ます。

 

丸鉢山に到着しました。目の前に富士山が見えましたが、雲がかかっていて、頂上は見ることができませんでした。

 

丸鉢山から金時山までは、急登が続きます。

頂上に到着しました。富士山は雲がかかって見ることができません。

 

頂上は、登山客で一杯なので、少し下の岩場で昼食にしました。

 

昼食後、富士山を見ると、雲が徐々になくなり、頂上まで見えるようになりました。

 

帰りは、丸鉢山を経由して、足柄駅に下山しました。

 

今回のルートと標高図です。

3D Mapです。

 

動画が見れる方は、こちら↓

このページを共有する
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください