高松山登山(2020年6月定例会)

緊急事態宣言もようやく解除となり、約3か月ぶりのクラブ登山です。皆さん、登山に行きたくて、うずうずしてたようで、参加人数は、自粛でなかなか参加できなかった、新メンバーを含めて、クラブ最大人数の19人です。

梅雨に入り、雨の日も多いのですが、今日は、梅雨の晴れ間で、絶好の登山日和です。

行先は、密を避けるために登山者が少なく、また、約3ヶ月のブランクのため、体力が落ちている可能性もあるので、低山の高松山(802m)にしました。

ルートは、山北駅から出発し、高松山に登り、最明寺史跡公園を経由して、松田駅に下山します。

最後に、登山動画もありますので、こちらの動画も、是非ご覧下さい。


山北駅に集合し、登山の準備をします。久しぶりの登山で気持ちが高揚します。


最初は、舗装路を約1時間歩きます。今日はまだ気温も高くないので、清々しい朝の風を感じながら、歩いて行きます。

途中、東名高速の工事のため、う回路を通ります。途中から、徐々に勾配もきつくなり、標高が高くなってきました。


ようやく、登山道に入りました。登山道は整備されていて、最初は、緩やかな階段が続きます。気温はまだ高くないのですが、直射日光を受けると、暑く、汗が噴き出してきます。


階段を登り終えると、林の中に入ります。林の中は、涼しい。今日は久しぶりの登山で、暑いので、こまめに休憩を取りながら歩きます。


緩やかな登山道を1時間ほど歩くと、「ビリ堂」が見えてきました。「ビリ堂」とは、最後に建てた観音堂のことだそうです。


ビリ堂から、高松山頂上までは、あと30分です。少し、物足りない感じかな。とは言え、最後は急登の階段を登って、頂上の尾根に出ます。


頂上に到着しました。頂上は開けていて、眺望も最高です。今日はここで、昼食にします。


食事が終わったら、ドローンでの撮影会です。ドローンから撮影した映像は、こちらをご覧下さい。


今日は頂上で1時間半、ゆっくりと過ごしました。撮影が終わると、最明寺史跡公園を経由して、松田駅に下山します。


ところが・・・・。いつの間にか、この世のものとは思えないこいつ(ヒル)が靴やズボンの中に入ってきました。


最明寺の風景を見ることもなく、一目散に下山しました。ようやく、舗装路に出たところで、ズボンや靴の中をチェックすると、一人4~5匹ぐらいのヒルが出てきました。


まだ、感染が収まってるわけではないので、今日は居酒屋での反省会ではなく、飲み物やおつまみを購入して、川音川の河原で、反省会です。


動画が見られる方はこちらもご覧下さい。